二人目の妊娠中に劇的に乳首が黒くなってショック!


二人目を妊娠した時に、乳首が異様に黒くなってきているのに気がつきました。

銭湯などで、子供を出産した人とそうでない人はあきらかに乳首の色が違うという意識はもともとあったのですが、一人目の妊娠の時にはそれほど黒くもならず、「きっと自分はそんなに黒くならないほうなんだ」と安心していました。

一人目は母乳とミルクの混合で育てていましたし、卒乳も一歳になる前に迎えましたので、乳首への負担が少なかったのかもしれません。

産まれてからも、ベビースイミングの更衣室などでママ友に「母乳をあげて育てた色には見えないね」と褒められていたくらいです。

しかし、二人目を妊娠してから、乳首の色がどんどん濃くなってくるではありませんか。まだ産まれてもいないのにどうして?と焦りましたが、調べてみると妊娠に伴うホルモンの関係で、妊娠中から乳首の色が濃くなるとインターネットの情報に書かれていました。

一人目の時はそんなことは無かったのにとショックを受けました。そういえば、一人目の時には全く兆候がなかったのに、二人目の妊娠の時には乳腺の発達が早くて、妊娠中期あたりからすでに胸の痛みを感じるようになっていました。

二人目ということで体が妊娠の準備に慣れて、乳首の色も早くから黒くなってしまったのかもしれません。

私の場合、乳首自体の大きさも、もともと小さかったところから大きくなってきていましたので、余計に黒ずみが目立ってそう思えたのもあるようです。

主人は別に気にならないと言ってくれますが、やはりショックを隠しきれません。授乳が終わったら、なんとかケアして元に戻したいと考えています。

未分類

Posted by e-dp